【脱毛器のランキング】最新の売れ筋・人気とおすすめを比較

脱毛器 ランキング

脱毛器のランキング/選び方3つのポイント

脱毛器の選び方1:効果が高くて口コミが多い

脱毛器の選び方/脱毛効果が高い

まず脱毛器は、脱毛効果が高い必要があります。

当然のことではありますが、 効果のない脱毛器を購入して後悔しないようにこの点はしっかりチェックしましょう。

脱毛器の効果は「照射口の大きさ」「照射パワーの強さ」で確認しましょう。

「照射口の大きさ」は小さいと光の打ち漏れの部分ができて、ムラになりかねません。

面積として5cm2の面積、できれば7cm2以上は欲しいところです。

「照射パワーの強さ」は出力が強い方がいいですが、強すぎても痛みが生じるので、バランスが大切です。

ちなみに、照射力の強さを示すのに「ジュール数」を記載している脱毛器もありますが、測定方法や使い方、環境によって変わってしまうものなので参考程度にしましょう。

脱毛器の選び方/良い口コミの数が多い

脱毛器を実際に使ってみたレビューはある程度参考になりますね。

しかし、あくまでも使った人の個人的感想であり、使う人によってムダ毛の状態・肌質・環境が違うので、あなたに当てはまるとは限りません。

そのため、より多くの口コミがあることがとても重要です。

10万件の良い口コミと、1万件の良い口コミとでは、信頼性が10倍も違います。

また、口コミが多いということはそれだけ人気でたくさん売れている証拠でもあります。

脱毛器によってはユーザー満足度を公開している製品と非公開の製品があるので、この点もチェックしましょう。

脱毛器の選び方/メンズヒゲ脱毛に効果がある

最近では男性でも脱毛する人が急増しています。特にヒゲ脱毛できたら毎日の髭剃りから解放されるのでかなり楽になります。

とはいえ、脱毛サロンに行くのは恥ずかしいし面倒だと思う男性が多いため、かなりの割合の人が自宅で使う脱毛器を選んでいるのです。

また、女性で彼氏や旦那さんと一緒に脱毛器を使いたいと考えている人も多くいます。プレゼントのおねだりや割り勘もしやすいです。

ただ、全ての脱毛器がヒゲ脱毛に対応しているわけではないのでしっかり確認する必要があります。

ヒゲ脱毛に対応しているうえで、効果が高いものを選択しましょう。

このサイトではヒゲ脱毛に対応しているおすすめ脱毛器もご紹介します。

脱毛器の選び方2:痛みが少なく安全性が高い

脱毛器の選び方/痛み対策がされている

「脱毛器は痛い?」というイメージのために購入をためらっている人もいます。

確かに、強い照射レベルで使ったり、肌の薄い部位にや毛の濃い部位(脇やVIO)に使うと痛みを感じる場合もあります。

脱毛器によって痛み対策がされている製品とそうでない製品があるのでしっかりチェックしましょう。

脱毛器の選び方/照射レベル設定の細かさ

多くの脱毛器は照射パワーの出力レベルを手動で設定可能です。

これにより、ムダ毛が薄い部位は弱く、濃い部分は強くすることができます。

照射レベルの強弱は、そのまま痛みの強弱につながるため、より細かくレベル設定できる製品の方が痛みを最小限にして脱毛できるのです。

脱毛器の選び方/製造が日本国内

日本で製造されている脱毛器と、そうでない脱毛器があります。

直接肌に当てる製品ですから、できるだけ安全に使える脱毛器を選びたいですね。

品質はもちろんのこと、問い合わせの対応の良さや故障修理の場合の対処スピードに関わる場合があるので日本国内製造が安心です。

脱毛器の選び方3:コスパが高い

脱毛器の選び方/照射回数が多い

脱毛器は光を照射してムダ毛にダメージを与え脱毛しますが、その光を発するランプには寿命があり、脱毛器によって何回照射できるか違います。

せっかく購入して全身脱毛しようとしたのに、満足に脱毛できないうちに照射回数が尽きてしまったら残念ですよね。

より多くの回数照射できればその脱毛器のコスパは高いです。照射回数は忘れずに確認しましょう。

また、金額だけ見ると安い脱毛器もありますが、照射回数が非公開で実は少なかったり、照射をしているうちに光が弱くなる場合があります。

低品質な脱毛器を買ってお金を無駄にしないように、高品質で効果のある脱毛器を購入することをおすすめします。

脱毛器の選び方/1ショットあたりの価格が安い

1回照射するたびにいくらかかっているのかも気になるところで、次の計算をするとわかります。

脱毛器の価格÷最大照射回数=1ショットあたりの価格

照射あたりの価格が安いほどコスパが高く、1照射あたりの価格が高額なほどコスパが悪くて割高です。

脱毛器の選び方/カートリッジ交換できる

D器のコスパについて、カートリッジ交換できるかどうかは重要です。

というのも、カートリッジ交換できないと、照射回数を全て打ち切ったら買い直さなければならないからです。

「強い照射レベルで打ち続ければ照射できる回数はどうしても少なくなります。

毛の濃いワキやVのDには強い照射レベルが必要になるのでこれは仕方ないことです。

だからカートリッジ交換が大切になります。

  • 打ち切っても数千円のカートリッジ交換すればまた使える脱毛器
  • 打ち切ったら数万円で買い直さなければならない脱毛器

どちらがコスパがいいかは明らかですね。

最大照射回数が多いことも大切ですが、カートリッジ交換可能なことも大切です。

脱毛器のランキング/人気(総合売れ筋)ランキング

1位:ケノン

ケノン新型2019

【ケノンの特徴】
・脱毛器で圧倒的No.1に売れている。迷ったらケノンがおすすめ。
・口コミ数14万件で脱毛器の中でダントツの人気。
・脱毛効果が非常に高く、痛み対策もあるので「迷ったらケノン」とおすすめできる脱毛器。

【こんな人におすすめ】
・脱毛器は種類が多くてどれがいいかわからない。
・とにかく効果があって失敗しない脱毛器がほしい。
・一番売れていて人気の脱毛器がほしい。

【公式限定キャンペーン】
カートリッジなどが無料で付属するキャンペーンを公式サイト限定で実施しています。
現在の特典キャンペーン内容を確認してお得に購入しましょう。

2位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

【脱毛ラボ ホームエディションの特徴】
・人気脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発。
・クーリング機能を唯一搭載で痛み対策。
・業務用脱毛器に迫る強い照射力。

【こんな人におすすめ】
・脱毛サロンが開発した家庭用脱毛器を使いたい。
・クーリング機能を試してみたい。
・照射力の高い脱毛器がほしい。

3位:トリア

部分脱毛LPバナー

【トリアの特徴】
・家庭用脱毛器で唯一のレーザー式脱毛器。
・照射パワーに関しては群を抜いて高い。
・アメリカのFDA(国家機関)が認証。

【こんな人におすすめ】
・レーザー式脱毛器を使いたい。
・ピンポイントで脱毛したい。
・痛みには強いので照射力の高い脱毛器がほしい。

4位:レイボーテ

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

【レイボーテの特徴】
・照射口が8㎠とかなり大きい。
・ローラーをすべらせるだけで自動で照射。
・肌をケアするLEDを照射。(機種による)

5位:スムーズスキン

【スムーズスキンの特徴】
・イギリス生まれの本格脱毛器
・最大6ジュールの強い照射力(スムーズスキンピュア)
・簡単操作でお手軽に脱毛(スムーズスキンベア)

ケノンの口コミ詳細ページ

脱毛ラボ ホームエディションの口コミ詳細ページ

トリアの口コミ詳細ページ

レイボーテの口コミ詳細ページ

スムーズスキンの口コミ詳細ページ

脱毛器のランキング/効果

脱毛器/VIOには?

脱毛器が最も効果を発揮すると言っていい部位がVIO(ビキニライン、Iライン、Oライン)です。

というのも、VIOは脱毛サロンや医療脱毛に通っていても恥ずかしくて抵抗がある人が多く、そういった人でも満足いくまで自宅で脱毛できるためです。

VIOを脱毛してツルツルになるとかなり生活がラクになります。生理のときでも蒸れなくなり、アクティブに動けるようになるからです。

温泉などに行ったときにVIOがツルツルなのは少し恥ずかしい気もしますが、たまに行く温泉で恥ずかしいことより、普段ラクになるメリットの方が断然大きいです。

それに、最近ではVIOを全剃りして脱毛する(いわゆるハイジニーナ)女性はかなりの割合いますから少数派ということでもありません。

光脱毛器やレーザー式脱毛器で処理すれば、ムダ毛がだんだん細く薄くなっていくので、チクチクして不快ということも少ないです。

また、彼氏に剛毛だと思われる不安も解消されます。ほとんどの男性はツルツルだと喜んでくれるものです。

脱毛サロンじゃないと効果ないのでは?と疑問もあるかもしれませんが、心配いりません。

確かに、VIOは体毛の中でも一番毛が太くて濃い部分なので、強い照射力を出せる脱毛器を選ぶ必要があります。

ですが現在は、

  • ケノン
  • 脱毛ラボ ホームエデション
  • トリア

といったのかなり強い照射力を出せる家庭用脱毛器が販売されているため、自分に合った製品を選べるのでご安心ください。

こういった脱毛器を使って自宅で好きな時間に脱毛し、VIOをツルツルにしている女性はとても増えています。

脱毛器の効果/脇毛

夏の時期に脇毛が気になって腕を上げられなかったり、袖の短い服や水着を着るのをためらってしまう経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか?

夏と言えば楽しいイベントやお出かけが多く、おしゃれもしたい時期なのに、思いっきり楽しめないのは残念ですよね。

脱毛器があれば脇もしっかり脱毛できて、いつ見られても恥ずかしくなく、ノースリーブのワンピースを着ることも、Tシャツを腕まくりすることも気兼ねなくできるようになります。

脇毛はVIOの次にムダ毛が太くて濃い部位になるので、はやり照射力が強くて脱毛効果の高い脱毛器がおすすめです。

脱毛器の効果/脚のムダ毛・すね毛

脚、特に膝下は露出度が高いのにムダ毛が太いので困りますよね。

夏でもパンツを履いたり、冬も黒タイツを履いたりして、なんとかムダ毛が目立たないようにしている人も多いのではないでしょうか?

カミソリで剃ってもすぐに生えてきてしまいますし、剃ったムダ毛は太さを保ったまま再び生えてくるのでチクチクしてかなり厄介です…。

しかし脱毛器であれば、脱毛回数を重ねるたびにムダ毛が薄く細くなっていくなっていくため、チクチクに悩まされることもなくなります。

脚はムダ毛の生えている範囲が広いので、効率的に脱毛できる製品、つまり、脱毛の光を発する照射口の面積が大きい脱毛器を選ぶと良いでしょう。

照射口面積が7㎠以上は欲しいところです。「ケノン」や「レイボーテ」がそれにあたります。

また、範囲が広いので連続照射機能も便利です。連続照射機能はほとんどの脱毛器に搭載されています。

脱毛器の効果/腕のムダ毛

腕は最も露出が多い部位なのでムダ毛も目立ちます。

女性の場合、腕毛は比較的濃くなりにくいのでカミソリで済ませてしまう人も多いかもしれません。でも、頻繁に剃るのは面倒ですよね。

脱毛器を使用すると、ムダ毛の生えるスピードは明らかに遅くなり、どんどん脱毛処理の手間が減っていきます。

男性で腕毛を脱毛したい人は、それだけ太い毛だということなので、できるだけ強い照射力の出せる脱毛器がおすすめです。

脱毛器の効果/顔の産毛

顔の脱毛については、ほぼ全ての脱毛器が次のいずれかに当てはまります。

  • あごから鼻下まで脱毛できる(ケノン、脱毛ラボ、トリアなど)
  • 顔は脱毛できない

万が一顔に跡がついたり、目に光やレーザーが入り込まないように公式ではこのようになっています。(公式サイトに記載されているので必ずチェックしてください)

とはいえ、実際のところは顔の産毛や眉毛を脱毛している人もいます。本人や保護者の自己責任にはなります。

脱毛器はメラニン色素(黒色)に反応して照射されるので、色の薄い産毛は意外と丁寧に脱毛する必要があります。

もし顔の産毛を脱毛する場合は弱い光から試しましょう。

脱毛器の効果/ヒゲ脱毛

最近では男性でヒゲ脱毛する人が非常に増えていますね。髭剃りがいらなくなれば、毎朝の時間と気持ちの余裕が生まれます。

また、ヒゲがちゃんと剃れていなかったり、青髭になっていたりすると不潔だと思われて仕事に影響が出かねない時代になっています。

男性でもスキンケアの意識が高まってきています。ツルツル・すべすべの肌は清潔感があって女性からも好印象です。

脱毛器の効果/永久脱毛ではない

「脱毛器で永久脱毛できるの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

回答としては、「永久脱毛はできないけど永久脱毛に近い状態にはできる」ということになります。

そもそも永久脱毛とは医療脱毛で可能になるもので、非常に強いレーザーで毛根を消滅させることを言います。

医療行為なので、それほど強い出力の機器を脱毛サロンやエステでは使用できませんし、家庭用脱毛器として販売できないのです。

毛根を消滅させるのは簡単ではなく、かなり痛い脱毛施術を何度も繰り返したりすることが必要になります。

そこまでしなくても、当サイトで紹介する脱毛器は強い光を照射することができます。

ムダ毛が生えるスピードをかなり遅くしたり、ほとんど生えない永久脱毛に近い状態にすることが可能です。

脱毛器のランキング/使い方

脱毛器/使い方

脱毛器の使い方/基本的な使い方

  1. 脱毛する部分をカミソリで剃る。
  2. 脱毛器を肌にしっかりと当てて照射する。
  3. 保冷剤などでクールダウン、化粧水などで保湿を行う。

脱毛器はメラニン色素(黒色)に光の熱エネルギーを加えてムダ毛にダメージを与える方式になるので、ムダ毛が長いままだと熱くなってしまいます。

最近の脱毛器はスキンセンサー搭載の場合が多いのであまり心配ありませんが、肌にしっかり当てないと光が漏れて効果が薄れます。

保冷剤を当てながら脱毛すると痛みや熱さを感じにくいです。保湿も行うと安心です。

脱毛器の使い方/使用頻度

多くの場合、2週間〜8週間に1回脱毛するのが推奨されています。

毛の生え変わる毛周期は一般的に2週間〜1ヶ月で、ムダ毛が伸びてきた成長期に脱毛器を使用すると適切に脱毛できます。

脱毛した瞬間にムダ毛がポロポロ取れることもありますし、1週間〜2週間くらい経過してからスルスルとムダ毛が抜ける場合もあります。

脱毛器の使い方/使用期間

どれくらいの期間脱毛器を使えば効果があるの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

これは使い方やムダ毛の状態にもよりますが、2ヶ月〜4ヶ月くらいで効果を感じる人が多いです。

脱毛サロンでも効果を感じるまでに同じくらいの期間が必要な場合が多く、自分の好きな時にできて価格も安い脱毛器にメリットがあります。

脱毛器のランキング/注意は?

脱毛器/毎日できる?

脱毛器は毎日使っても大丈夫なの?と疑問に思う人も多いです。できるだけ早く効果がほしくて毎日使いたいという気持ちはわかります。

しかしこれはあまりおすすめできません。なぜなら、毎日行っても効果が上がるわけではなく、肌への負担の不安もあるためです。

脱毛はムダ毛が生えてきた頃、毛周期の成長期に脱毛器を使うと効果的です。ムダ毛が抜けてすぐの時期だと効果は薄くなります。

また、脱毛器はある程度の熱を持った光を照射するので、毎日照射すると肌に負担がかかる場合があります。

ムダ毛が気になってきたときに照射して、綺麗なお肌を手に入れましょう。

脱毛器の注意/痛みについて

脱毛器は光の熱エネルギーでムダ毛にダメージを与えるので、人によっては熱い、痛いと感じる場合があります。

多くの場合はほんのり温かくなる程度ですが、VIOなどデリケートな部分は弱い照射レベルから始めることをおすすめします。

慣れていないうちは痛みを感じるかもしれませんが、多くの人にとって耐えられないほどの痛みではありません。

レーザー式脱毛器のトリアは照射力が非常に強く、輪ゴムで弾いたような痛みを感じる人もいます。
安全な製品ではありますが、こちらも初めは弱い照射レベルで行いましょう。
いずれの脱毛器でも、保冷剤などでクールダウンしながら行うことで痛みや熱さを感じずに脱毛できます。

脱毛器の注意/やけどについて

照射レベルを調整しながら使用すればやけどの心配はありません。

ただし、かなり日焼けしている場合は注意が必要です。脱毛器の光はメラニン色素に吸収されるため、日焼けしていると肌に熱が吸収される場合があるためです。

日焼けしている部位は脱毛を避け、通常時も弱い照射レベルから慣れていきましょう。

脱毛器の注意/ほくろについて

ほくろのある部分は避けて脱毛しましょう。ほくろもメラニン色素のため、脱毛照射の光エネルギーで熱くなってしまうからです。

脱毛サロンでも事前にほくろにはシールを貼るなどして痛みがないようにしてしています。

自分で行う場合はコンシーラーでカバーするのががおすすめです。

脱毛器の注意/脱毛器はまぶしい?

脱毛器は強い光を照射するのである程度まぶしくはなりますが、安全性に問題はありません。

現在販売されている脱毛器はスキンセンサーが搭載されているものが多く、肌に密着していないと照射できないようになっています。

また、ケノンと脱毛ラボ ホームエディションはサングラスを無料で付属しているので更に安心です。

脱毛器の注意/脇汗について

脱毛すると脇汗が増えるといった心配をする人や、逆に少なくなるのではと期待する人がいますが、これは脱毛とは関係ありません。

脱毛は毛と毛根に作用しますが、毛穴が増えたり減ったりすることはありませんし、汗の量にも影響しません。

脱毛器の注意/何歳から使える?

脱毛器によって推奨する使用年齢が違いますが、基本的には18歳以上が使用できます。

未成年は身体の発達している時期なので、脱毛することによって肌荒れなどのトラブルが起きかねないためです。

とはいえ、実際には未成年でも脱毛器を安全に使用している人はたくさんいます。

中学生や高校生になるとムダ毛を気にする人も増えますし、小学校のお子さんが毛深くてかわいそうと思って脱毛してあげる親御さんもいます。

未成年に特に人気なのは脱毛ラボ ホームエディションですが、基本的には18歳未満の人は親御さんの責任の元で使用することになります。

脱毛器の注意/整理中・妊娠中・授乳中の使用について

ほとんどの脱毛器で整理中・妊娠中・授乳中の人には脱毛品を使用しないことをすすめています。

ホルモンバランスのしれによって肌トラブルが起きやすい状態となっているためです。

この期間はできるだけ脱毛を控えましょう。

脱毛器の注意/アトピーについて

脱毛器の製品によってアトピーの方が使えるかどうかは異なりますが、基本的には薬を服用中でない場合には使用可能です。

ただ、治療が優先なので、使用に当たってはかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

脱毛器の注意/ローラー式脱毛器のデメリット

当サイトで主に紹介している光脱毛器やレーザー式脱毛器の他に、ムダ毛を巻き込んで引き抜くローラー式脱毛器があります。

代表的な製品としてはパナソニックのソイエなどがありますが、あまりおすすめできません。

  • 光脱毛器・レーザー式脱毛器→光を照射してムダ毛をだんだん薄く細くする。
  • ローラー式脱毛器→ムダ毛を引き抜くだけなので同じ太さで繰り返し生えてくる。痛い。

価格だけを見るとローラー式が安く見えますが、痛い思いをして毛を引き抜く脱毛をずっと続けな流必要があります。

急に明日デートになった場合など、とりあえず今だけムダ毛をなくしたい場合に向いていますが、本当の意味での脱毛にはなりません。

脱毛器の注意/サーミコン式脱毛器のデメリット

サーミコン式脱毛器は、ムダ毛を焼き切る方式の脱毛です。これもあまりおすすめできません。

  • 光脱毛器・レーザー式脱毛器→光を照射してムダ毛をだんだん薄く細くする。
  • サーミコン式脱毛器→皮膚から出たムダ毛を焼き切るだけなのですぐ再び生えてくる。毛根に影響がないので毛は太いまま。

サーミコン式も急に脱毛が必要な場合に向いています。価格的にも安くないのでメリットは少ないです。

脱毛器のランキング/売れ筋

脱毛器/安いのは?

できるだけ価格が安い脱毛器を購入したいのは非常にわかります。

しかし、安いだけでは十分な回数脱毛できずに、効果がないまま使えなくなってしまう恐れがあります。

料金が安いことも大切ですが、しっかり効果があってコストパフォーマンスが高い脱毛器を選んでください。

詳しくは後述する「コスパの良い脱毛器ランキング」でご紹介しています。

脱毛器/脱毛サロン・医療脱毛より安い

脱毛サロン・医療脱毛で全身脱毛すると30万円〜50万円以上かかることは普通のことです。

脱毛器だと、その約1/4以下の価格で済んでしまいます。

脱毛サロンで全身脱毛しようとすると2〜5年かかる人が多いです。

脱毛器だと、1年〜2年でできてしまう人が多いです。

店舗の予約調整をする必要がなく自分で好きなときに脱毛できるため、早く済んでしまう人が多くなっています。

脱毛器/楽天・Amazon

脱毛器によっては楽天やAmazonで販売されている製品があります。

しかし、その脱毛器の公式サイトで購入する方が特典キャンペーンや値引きが良いのでお得です。

なぜなら、楽天やアマゾンでの販売はメーカー側が手数料を支払う必要があるためです。

公式サイトの販売ではその必要がないので、公式サイトで買う人にだけ特典を優遇するのは当然と言えます。

他にも楽天やアマゾンでの購入は注意点があります。

販売元がメーカーや正規の販売店ではなく、関係ない業者が販売していることが多いことです。

楽天の場合は販売ページが乱立していますし、Amazonの場合は販売元がわかりづらくなっています。

販売元がメーカーや正規の販売店でないと、最悪の場合は故障しても保証が全く受けられない場合があるので注意が必要です。

なぜか安い場合などは注意して隅々までチェックする必要があります。

その点、公式サイトでの購入は保証も確実に受けることができます。

まずは公式サイトの特典キャンペーン尚ようを確認してみましょう。

脱毛器/家電量販店

家電量販店(ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機など)で販売されている脱毛器と、販売されていない脱毛器があります。

また、家電量販店のネットショップだけで取り扱いがある脱毛器と、実店舗でも販売されている脱毛器があります。

店舗販売は超大型店でないと在庫がない可能性が高いです。わざわざ電話をかけたりして確認しないといけません。

脱毛器は公式サイトでの販売がある場合、特典や値引きが盛りだくさんで販売されています。

家電量販店では特典や割引はありません。利益の一部を家電量販店に支払わないといけないので差があるのは当然ですね。

脱毛器については公式サイトで購入するのが明らかにお得なので、家電量販店で購入すると後悔するかもしれません。

脱毛器/ドンキホーテ

ドン・キホーテでも何かの脱毛器が販売されていることがありますが、取扱商品が流動的なので在庫がある可能性はないと考えた方がいいでしょう。

公式サイト・楽天・アマゾンなど確実に購入できるサイトを利用した方が良いです。

脱毛器のランキング/効果が高い脱毛器ランキング

脱毛器の効果は次の2点が大きく関わります。

  • 照射する光の強さ
  • 照射口の面積の大きさ照射する光の強さ

照射する光が強いほどムダ毛を細く薄くする効果が高いです。

照射口が大きほどスピーディに打ちもれなく効果的に脱毛できます。

1位:ケノン

ケノン新型2019

・照射面積:7㎠〜9㎠(大きい)
・照射力:強い
非常に高い水準でバランス良く設計されているため、多くの人が効果を感じられる脱毛器になっています。

【公式サイト限定キャンペーン】
照射範囲9cmと非常に大きい「ラージカートリッジ」が無料で付属するキャンペーンを公式サイト限定で実
施していることがあります。
現在の特典キャンペーン内容を確認してお得に購入しましょう。

2位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

・照射面積:5㎠(普通)
・照射力:強い
最大10ジュール/㎠で脱毛サロンの業務用脱毛器並みの照射力を持ち、照射面積も5㎠と比較的広いです。

3位:トリア

部分脱毛LPバナー

・照射面積:1㎠(小さい)
・照射力:非常に強い
トリアはレーザー式のため家庭用脱毛器の中では群を抜いて強い照射力があります。
その代わり、照射範囲が1cmと小さいため、脚や腕などの広い範囲を脱毛するよりピンポイントで脱毛したい場合に大きな効果を発揮します。

4位:レイボーテ

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

・照射面積:9.24㎠(大きい)
・照射力:普通
照射面積が9.24㎠とかなり大きく、ケノンのラージカートリッジと並びます。
ケノンや脱毛ラボ ホームエディション比較すると照射力は少し物足りないかもしれません。

5位:スムーズスキン

・照射面積:3㎠(小さい)
・照射力:強い
イギリス製なだけあって照射力は強めです。
照射口が3㎠と小さいので一度の脱毛で何度も照射する必要があります。

脱毛器のおすすめ/口コミ数・満足度ランキング

20種類以上の脱毛器の口コミを様々なサイトで調査し、楽天とAmazonでの口コミ件数を当サイト独自で計算しました。

口コミ数はどんどん増えていくので、おおよその数となっています。

また、おすすめ脱毛器の重要な指標となる、各メーカー公開のユーザー満足度もご紹介します。

ユーザー満足度の高い・低いだけでなく、非公開になっている脱毛器もあるのでしっかりチェックしましょう。

1位:ケノン

ケノン新型2019

・口コミ数:146,000件
・ユーザー満足度:98.3%
ケノンは口コミが15万件というダントツの件数です。
脱毛器の中では口コミ数は圧倒的No. 1ですし、楽天において全家電でもトップクラスのクチコミ数となっています。
これは何より信頼できる商品の証拠と言えます。
ユーザー満足度も非常に高く、脱毛器として間違いない製品です。

2位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

・口コミ数:約12,000件
・ユーザー満足度:98.1%
ケノンからは10倍以上の差をつけられていますが、そもそも1万件以上のクチコミが集まる商品は多くありません。
比較的最近になって発売された脱毛器としては非常に人気が高いことがわかります。
人気のモデルさんを起用していることもあり、女子高生や女子大学生から支持を集めています。

3位:シルクエキスパート

・口コミ数:9,500件
・ユーザー満足度:非公開
1万件近くのクチコミを集める人気の脱毛器ですが、ユーザー満足度がわからないところは若干の心配があります。
効果にはそこまでこだわらないけど、大手家電メーカー製がほしいという人には有力は選択肢になります。

4位:トリア

部分脱毛LPバナー

・口コミ数:3,000件
・ユーザー満足度:96.9%
唯一のレーザー式脱毛器で、痛いというイメージがあるために販売台数としてはケノンなどに劣りますが、効果の高さからロングセラーとなっています。
光脱毛に満足できず、レーザー式にチャレンジしたい人におすすめです。

5位:スムーズスキン

・口コミ数:700件
・ユーザー満足度:非公開
イギリス製という珍しい製品ですが、照射力が比較的強いことと操作がシンプルなことから人気がある製品です。

脱毛器のランキング/痛くない・安全ランキング

脱毛器って痛くないの?と疑問や心配のある人は多く、確かに肌の質や使い方によってはいたいと感じる人もいます。

そこで、痛くない・安全な脱毛器をランキングにしました。

脱毛器によっては、痛みに配慮した機能が搭載されているものがあります。

また、照射レベルをどれだけ細かく設定できるかという点も、肌に適した脱毛する上で大切です。

さらに、どの国で製造されているのか?も調査しました。

肌に直接当てるものですからできるだけ国内で製造させている脱毛器が安心です。

1位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

・痛み対策:あり(クーリング機能)
・照射レベル設定:5段階
・製造国:中国

脱毛ラボ ホームエディションは「クーリング機能」が脱毛器として唯一搭載されています。
照射口の周りが金属製で冷えやすくなっており、照射したあと瞬時に金属部分で熱を吸収してくれるイメージです。
脱毛しながら同時に冷やす発想の脱毛器は他にありません。
このクーリング機能もあって、非常に人気の高い脱毛器となっています。

2位:ケノン

ケノン新型2019

・痛み対策:あり(USPL・特殊フィルター)
・照射レベル設定:10段階
・製造国:日本

ケノンは最大出力が非常に強いこともあり、痛み対策もされています。
USPLという独自技術で、照射を極限まで短く瞬間的なものにすることで肌への負担を抑えることを実現しているのです。
また、精度の高い照射フィルターを搭載することで、肌に負担のかかる波長をカットし、脱毛に必要な波長の光だけが肌に届くように設計されています。
照射レベル設定は10段階と細かく設定できるので、痛く無い範囲で最大限に脱毛効果を得られるよう自分で調整可能です。
日本で製造されているので安心感がありますし、万が一何かあった場合にも素早く対応することが可能です。
安全性への配慮がなされている脱毛器と言えます。

3位:レイボーテ

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

・痛み対策:なし
・照射レベル設定:10段階
・製造国:日本

痛み対策の機能は特に無いものの、照射レベルが10段階で設定できるので自分の肌に合った痛くない脱毛が可能です。
日本で製造されていることも安心感があり評価が高いポイントとなります。

4位:スムーズスキン

・痛み対策:なし
・照射レベル設定:機種によって無段階・3段階
・製造国:イギリス製

スムーズスキンは現在、「スムーズスキン ベア」「スムーズスキン ピュア」の2機種が主に販売されています。
どちらも照射レベル設定は最低限になっていますが、「スキントーンセンサー」が搭載されており、肌の色を自動的に検出して最適な照射出力に設定してくれます。

5位:エピレタ

・痛み対策:なし
・照射レベル設定:5段階
・製造国:イスラエル製

エピレタは痛み対策機能はありませんが、そもそも強い照射力があまり出ないので痛みを感じることは少ないです。
脱毛サロンに通っているけどでもう少し光を当てたい人や、全身でさほど毛が濃くない人に適しています。
メーカーは大手企業であるアイリスオーヤマなので

脱毛器のランキング/メンズヒゲ脱毛ランキング

脱毛器の中にはヒゲ脱毛ができない製品もあるので、ヒゲ脱毛したい人はまずその点を必ずチェックしましょう。

例えば、大手家電メーカーであるフィリップスの脱毛器「シルクエキスパート」はヒゲへの使用が非推奨となっているので、購入の選択肢からは外れます。

ヒゲ脱毛に使える脱毛器でも、男性のヒゲは太くて濃いことが特徴のため、照射力が強い脱毛器を選ぶ必要があります。

1位:ケノン

ケノン新型2019

・ヒゲ脱毛:可能
・照射力:強い
実はケノン購入者の4割近くは男性です。
ケノンは累計90万台程度売れているので、40万人近くの男性がケノンを購入し、ヒゲ脱毛していることになります。
最大照射力が強いので、ヒゲ脱毛をするに十分なパワーを出すことができます。

2位:トリア

部分脱毛LPバナー

・ヒゲ脱毛:可能
・照射力:非常に強い
トリアは家庭用としては唯一のレーザー式脱毛器で、照射パワーが抜群に強いです。
そのため、太いヒゲを脱毛したい男性に人気があり、おすすめです。
ただし、強いがゆえに痛みを感じる人もいるのでよく考える必要があります。

3位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

・ヒゲ脱毛:可能
・照射力:強い
10代や20代の女性がメインターゲットではありますが、最大照射力10ジュール/㎠で、脱毛器としてトップクラスのパワーを誇ります。
カラーバリエーションとして黒色もあるので男性でも手に取りやすいように工夫されています。

4位:スムーズスキン

・ヒゲ脱毛:可能
・照射力:強い
最大照射力6ジュール/㎠と比較的強い照射力を持ちます。
ケノンやトリア、脱毛ラボ ホームエディションと比較して口コミが少ないのですが、効果の高い脱毛器であることは確かです。
スキントーンセンサーがあるのでいちいち自分で照射レベル設定するのが面倒な人に向いています。

5位:レイボーテ

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

・ヒゲ脱毛:可能
・照射力:普通
照射力はそこそこですが、照射面積が大きいので効率的脱毛できます。
本体は大きいのですが、折り曲げられる構造なので顔やヒゲでも脱毛しやすくなっているのがポイントです。

脱毛器のランキング/コスパが良い脱毛器ランキング

価格が安い脱毛器であれば何でもいいのでしょうか?きっとそうではないですよね。

安くてもしっかり脱毛できる回数照射できなかったら意味がありません。できるだけ多くの回数照射できる必要があります。

また、最大照射回数から1ショットあたりの価格が計算できるので、これを比較することで割安な脱毛器なのかどうかがわかります。

さらに、カートリッジ交換できることも重要です。

カートリッジ交換対応であれば、照射回数を打ち切ってもカートリッジ交換すれば良いのですが、交換非対応だと本体を買う必要があるからです。

コスパの良い脱毛器で存分に脱毛をしましょう。

1位:ケノン

ケノン新型2019

・最大照射回数:300万回
・1ショットあたりの料金:0.02円
・カートリッジ交換:OK
最大照射回数が300万回と、ダントツに多くなっています。
自分がどれだけの回数を照射すればツルツルの肌になれるのかわからない場合は、回数が多ければ多いほど安心です。
ケノン1本買えば一生脱毛し続けられると言って良いほど長く使えますが、万が一打ち切ったとしてもカートリッジ数千円を購入すれば良いだけなので、数万円で買い直す必要がある脱毛器と比較するとお買い得になっています。

2位:脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

・最大照射回数:30万回
・1ショットあたりの料金:0.24円
・カートリッジ交換:NG
照射回数が少ないように見えますが、脱毛ラボ ホームエディションの場合、MAXの照射レベルで打ち続けても30万回照射できます。
照射レベルを上げて使うと照射できる回数は少なくなっていくので、その点安心して使える脱毛器です。

3位:トリア

部分脱毛LPバナー

・最大照射回数:100万回(推定)
・1ショットあたりの料金:0.04円
・カートリッジ交換:NG
照射回数の公表はありませんが、最大で100万回程度照射できると推定できます。
トリアは照射口面積が小さいので、これだけ多くの回数照射できるのはありがたいです。

4位:レイボーテ

レイボーテRフラッシュダブルPLUS

・最大照射回数:60万回
・1ショットあたりの料金:0.09円
・カートリッジ交換:OK
ケノンなどには照射回数は脱毛器の中では多い部類に入ります。
強い照射レベルにした時に、十分脱毛できるまで使用できるのか疑問はありますが、カートリッジ交換できるのである程度カバーできていると言えます。

5位:ルメア

・最大照射回数:45万回
・1ショットあたりの料金:0.12円
・カートリッジ交換:NG
45万回は脱毛器ジャンル全体としては比較的多い方ですが、強い照射レベルにすると減ってしまうので、果たして満足できるまで照射できるのか不安が残ります。
カートリッジ交換もないので、もし使い切ったら買い直す必要があります。

総合ランキング ランクイン以外の脱毛器

ルメアの口コミ詳細ページ

ブラウン シルクエキスパートの口コミ詳細ページ

エピレタの口コミ詳細ページ

タイトルとURLをコピーしました